東京でお住まいの相手を攻略するには?

攻略

出会い系サイトを利用する場合に、東京にお住まいの異性を口説くのはなかなか簡単ではありません。
東京ならばターゲットの人数も多いから、交際相手の女性はたくさん見つかると思っている男性は考え違いをしています。
東京という都市はそれだけ人数も多いですから、男性の数も多いのです。
首都圏ですから人間的にも洗練された人が多いですし、女性が男性を見る目もシビアです。
出会い系サイトでそれなりのクオリティの女性をゲットしたいなら、キチンとした戦略を立てないと成功しません。
まずは、女性の出身地を調べるといいでしょう。
生まれも育ちも東京の人も多いですが、地方から東京に出てきている女性も少なくありません。
出会い系サイトの場合はこういったターゲットのほうが落としやすいです。
地方出身者は東京人になろうとして、極力出身地や訛りなどの方言を隠そうとします。
ですが、本音で言えば地方のことを話したいのです。
また言葉遣いもざっくばらんな方がいいのです。
同郷の女性のプロフィールを見つけたら、すぐにファーストメールを送るようにしてみましょう。
もしもあなたが生粋の東京人ならば、地方出身者を助けてあげるようなアプローチがいいですね。
「何か困ったことがあったら遠慮なく相談してね」とやさしい声をかけておくことは必須です。
東京に住んでいる人は相手がどこの住んでいるかにこだわりがあります。
たとえば新宿とは渋谷とか人気のあるエリアにお住まいならば、それだけで人気がでるのです。
もしも、あなたがそんなエリアに住んでいるならばそれを武器にアピールすることが大切です。

年配の人とのコミュニケーション

■普段通りでOK

人とのコミュニケーションの難しさは、相手との年齢の差にも表れることがあります。
学生の間なら会話の相手の多くは、同い年や同年代です。
けれども、社会人となるとさまざまな年代の人たちと会話をする機会が増えます。
会社の先輩や上司、得意先の年配の人など、いろいろな経験を重ねた年配の人たちとかかわりを持つようになります。
また、仕事を離れた親戚づきあいなどの機会も増えることでしょう。
そうなると、これまでは容易にできたコミュニケーションが途端に難しく感じてしまう人も少なくないようです。
確かに年代のギャップということで考え方の異なる部分もあるでしょう。
しかし、相手はすでに自分がいる時代を経験して今がある、つまり相手も同じ経験を重ねてきているのですから特別な感情を持つ必要はないのです。
年配の人だからとあまり過剰に意識してしまうことは、自分も相手にも余計な感情を抱かせることになり好ましくありません。
普段会話をするのと同じように接すればいいのです。
ただし、相手にきちんと敬意を表することを忘れてはいけません。
敬語を使う、相手を立てる、といったことに気を使うことは重要です。
人生の先輩として、学ぶことがたくさんあるはずです。
特別扱いや変に意識せずに、コミュニケーションを取ることが大切です。
相手も若い人たちとのコミュニケーションを楽しみにしているはずです。
その年代年代に応じた接し方があります。
お年寄りにはお年寄りへの、中年の人へは中年の人への適切な接し方をすることでさまざまな人生の糧が得られるはずです。

手をつないでコミュニケーションを取ろう

■スキンシップとしての「手つなぎ」

人と人のコミュニケーションの方法の一つとして「スキンシップ」が挙げられます。
スキンシップを取ることで人と人の繋がりが高められることは、すでにさまざまな研究で実証済みです。
でも、そのスキンシップを日常的に行っている人は果たしてどれくらいいるでしょうか。
というよりも、スキンシップ自体を難しいものと捉えている人も少なくないのではないでしょうか。
しかしスキンシップは簡単なこと、たとえば「手つなぎ」もスキンシップの一つです。
若いカップルにはよく見られますが、年齢を重ねるにつれて手をつなぐカップルは減ってしまうようです。
その理由として、「恥ずかしい」「照れくさい」「いい年をして…」といったものがよく挙げられます。
けれども、手をつなぐことが精神的に安らぎを与えるということもまた、いろいろな研究で証明されているのです。
親が子供の手を取って一緒に歩くのは普通のことです。
その頃の記憶が蘇るからか、手をつなぐことは人と人も繋がり以上のものを与えてくれる気がします。
海外では、お年寄りのカップルが手をつないで仲良く歩く姿をよく見かけます。
最近は日本でもそんな年配のカップルも目に付くようになってきました。
手をつなぐという行為は、二人の関係を表すバロメーターのようなものかもしれません。
これまで手をつないでいた二人なのに手をつながなくなったら、どこかで精神的すれ違いがあることも考えられます。
いつまでも仲良く手を取り合って生きていくのは、人生に必要なことなのです。

いろいろなSNSの存在

■利用のきっかけは?

ソーシャルネットワーキングサービス、略してSNSは、今や男女や年齢を問わず幅広い人たちに多く利用されるコミュニケーションツールです。
あるアンケートによると、利用しているSNSで最も多かったのが「mixi」で、以下「Twitter」、「Facebook」、「GREE」、「モバゲータウン」と続きます。
これは複数回答で、中にはいくつものSNSを利用している人も少なくありませんでした。
現在において、こういったSNSは人々のコミュニケーションとして日常生活に欠かせないものとなっている感があります。
実際一日に何度もアクセスして閲覧したり、自分のブログを頻繁に更新したりしている人もたくさんいます。
SNSを利用するきっかけとしては、それぞれのサービスによって違いがあります。
たとえば「mixi」では日ごろから遊んでいる友達に誘われて入会したという割合が半数近くを占めているのに対して、他のサービスでは自分が興味を感じてという回答が多くを占めています。
最近特に利用者が急増中の「Twitter」や「Facebook」では、「流行っているから試しに入会してみた」という理由が非常に多いのです。
特に明確な利用目的があるわけでなく、「面白そうだから」「友達も利用しているから」といったきっかけでSNSの利用を始めるケースが目立つようです。
以前は「mixi」の入会には既存会員の紹介が必要だったのですが現在はそんなこともないので、利用者の目的や利用方法も昔とは異なっているようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ